8/5(日)セミナー「石炭火力発電の現実 採炭地インドネシア・仙台港の現場の声とともに」

<寺内大左氏の資料を掲載しています。演題をクリックして下さい>

石炭火力発電からの脱却を目指す世界の動きは、これまでにないほど強まっています。今回のセミナーでは、石炭採掘の現場・インドネシアで起こっている環境破壊についてお伝えします。また、仙台パワーステーション(仙台PS)操業差止訴訟について、これまでの裁判の経過について詳しく解説するとともに、発電所近くに住む方から、日常で感じる仙台PSの存在について生の声をお届けします。ぜひご参加ください。

チラシはこちらです。

日時

8/5(日)13:30〜16:30(13:00開場)

場所

仙台市民活動サポートセンター 6階セミナーホール

定員

90名(先着順)

参加費

無料

プログラム(予定)

  • 仙台PS稼動からこれまで 現場付近からの声
    須田富士子氏

お申し込み

こちらのページからお申し込みください。

主催

仙台港の石炭火力発電所建設問題を考える会

お問い合わせ

こちらのページからお問い合わせください

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中