12/16(日)イベント「仙台港の石炭火力発電所問題の これまでとこれから 」

talk仙台PSに対する訴訟や仙台高松発電所(仮称)計画の燃料転換をはじめ、仙台港の石炭火力発電所問題にはこの1〜2年で目まぐるしい動きがありました。今回の企画では、参加者同士の交流を深めながら、これまでの出来事と市民の運動を振り返り、問題をめぐるこれからについて考えます。ぜひ奮ってご参加ください!チラシはこちらです。

「仙台港の石炭火力発電所問題のこれまでとこれから」

日時:2018年12月16日(日)10:00〜12:00
場所:TKP仙台南町通カンファレンスセンター カンファレンスルーム7C
内容:
・仙台港の石炭火力問題をめぐるこれまでの出来事と市民の動きを振り返る
・これまでに勝ち得たもの/これからの課題を共有
・これからに向けてのメッセージ
仙台港の石炭火力発電所建設問題を考える会共同代表
仙台PS操業差止訴訟原告団長     長谷川公一
参加費:無料
定員:40名程度
申し込み:こちらからお申し込みください。
主催・問合わせ:仙台港の石炭火力発電所建設問題を考える会
022-795-7557(東北大学東北アジア研究センター明日香研究室)
Email: asuka@cneas.tohoku.ac.jp

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中